福岡/博多・長崎/大村のボルダリング・クライミングジム
モノクライミングスタジオ[Mono Climbing Studio]

モノクライミングスタジオ[Mono Climbing Studio]

モノクライミング博多

福岡市博多区那珂3丁目27−27アクセスマップ
TEL : 092-409-2907

モノクライミング大村

長崎県大村市富の原2丁目892-2アクセスマップ
TEL : 0957-51-6873

メニュー

ホーム > 大村店ブログ > お知らせ > Unparallelシューズ試着会開催中!

大村店ブログ

Unparallelシューズ試着会開催中!

こんにちは!

9月28日(水)から10月4日(月)までUnparallelシューズの試着会を開催しています!

試着できるシューズは以下の4種類!

①ニュートロVCS

②ニュートロレース

③ヴィム

④フラッグシップ

各シューズの特徴は前回の記事で簡単に記載しましたが、

今回は店長自身が実際に履いて登ってみて感じたことをレビューしたいと思います!

 

①ニュートロVCS

試したサイズ:US8.5(実寸約26cm)

今回試すことが出来るシューズの中では最も足入れが良く、初心者の1足目としても無理なくおすすめできます。

適度な柔らかさでエッジングもスメアリングも文句なし。バランス重視のオールラウンドなシューズです。

 

②ニュートロレース

試したサイズ:US8.5(実寸約26cm)

VCSでは足先の空間がやや余った感じがありましたが、レースアップになった分、足先までしっかりフィットすることが出来ました。

ヒールはVSCよりも安心感がありましたが、トゥフックはレースが引っかかってイマイチ。

個体差かもしれませんが、VCSよりやや硬めな印象を受けました。

ジムで履くならVCS,岩場ならレースがおすすめできそうです。

 

③ヴィム

試したサイズ:US8.5(実寸約26cm)

ニュートロシリーズより足型はこちらのほうが好みでした。

Unparallelシューズはヒールカップがやや余りがちでしたが、ヴィムでは気になりませんでした。

トゥフック性能が特に高く、レースやベルトが干渉することが無いのでストレスフリーに掛けることが出来ます。

ダウントゥがきつめな印象を持っていましたが、シューズが柔らかいのでクセを感じるほどではありません。

自由度が高く、使用者のレベル次第でどこまでも使えるシューズです。

 

④フラッグシップ

試したサイズ:US8.5(実寸約26cm)

流石、あの楢崎智亜選手が開発に協力しただけあって、他の3足と比べても明らかに性能が一段階上です。

近年のコンペ界で主流になりつつハリボテ課題に対応しやすい柔らかさと、細かいスタンス的確に拾っていくエッジング性能を非常に高い精度で共存させています。

ヒール、トゥフックもかなり性能が高く、是非一度試してもらいたいシューズです。

岩場でも使えそうなので、私も購入を検討中・・・。

 

以上。簡単なレビューでした。

ジム使用想定での個人的ランキングは①フラッグシップ②ヴィム③ニュートロVCS④ニュートロレース

岩場使用想定での個人的ランキングは①フラッグシップ②ヴィム③ニュートロレース④ニュートロVCSって感じでした。

参考にしてください~。

 


2021/10/01

初めての方へオンライン事前登録

モノクライミングでは当日スムーズにボルダイングを楽しんでいただけるよう、
事前に登録いただける《オンライン登録》を行っています。
スマートフォンからも登録できますので、空いた時間で登録できます。

  • ホームページ
    から登録
  • メールで
    受付番号を受け取る
  • モノクライミングへ
  • スムーズな受付で
    すぐにボルダリング!
  • モノクライミング博多店ブログ
  • モノクライミング大村店ブログ
  • 営業日カレンダー
  • モノクライミングオンラインショップ
  • モノクライミング博多店公式Facebook
  • モノクライミング大村店公式Facebook
  • モノクライミングインスタグラム